スマホの基礎知識

SIMロック・SIMフリーとは?わかりやすく解説

SIMロック SIMフリー 解説
ゆきたか

「SIMロック」「SIMフリー」について説明していきたいと思います。
前提として「端末」と「SIM」があれば
どんな組み合わせでも動くわけではないので注意してください。
それでは、順を追って説明していきたいと思います。

SIMロックとは

スマホを利用するには「端末」「SIM」を装着する必要があります。
装着することで「音声通話」や「インターネット」の利用が可能になります。

ところが「端末」には「SIMロック」という制限が掛かっている事があり、
利用する「SIM」によっては動作しないことがあります。
なので契約をする前に「端末」「SIM」に対応しているか確認が必要です。

また「SIMロック」は解除する事ができるので、そちらについても説明していきます。

SIMロックとは?

携帯会社が販売する「端末」には制限がかかっていることが多く、
他社の回線の「SIM」が使えないというものです。具体的に例を挙げると、
「docomoの端末」は「docomo回線のSIM」以外使えないという制限になります。

ポイントは「回線」で、他社の「SIM」でも「回線」が同じなら「SIMロック」を解除しなくても使えるという点です。
ただ、そのまま使える場合でも「SIMロック解除」はしておくのが良いでしょう。

端末とSIMカードの対応表

  docomo端末 au端末 SoftBank端末
docomo回線のSIM × ×
au回線のSIM × ×
SoftBank回線のSIM × ×
ゆきたか

基本的には、同じ携帯会社で「端末・SIM」を揃える場合は気にしなくて大丈夫です。
ただ、乗り換えの際に「端末」はそのまま使い「SIM」別会社に変更する際は気を付ける必要があります。
最悪、動かないこともあるので注意しましょう。

また「格安SIM」に乗り換えた場合のポイントになりますが、
「格安SIM」は大手携帯会社から「回線」を借りているので「SIMロック解除」をしなくても使えることがあります。
基本的には上記の「端末とSIMカードの対応表」を見ながら「SIM」を選んでいけば大丈夫だと思います。

SIMロックはなぜあるのか

携帯会社は「端末」を無料もしくは、格安で提供することでユーザーを集めています。
その際に「端末」の料金は携帯会社が負担することなります。

では、どこで利益をあげるかというと月額料金です。
「端末」を無料で配っても1年、2年と長いスパンで見れば必ず儲かる仕組みになっています。
ところが解約してすぐに別会社に乗り換えられては儲けがなくなってしまいます。

そういった事態を回避するために提供した「端末」を自社以外で使用できなくします。
それが「SIMロック」がある理由です。

ちょこ

無料の「端末」でお客さんを集めてたんだ・・・
だから「端末」を持ち逃げされないように「SIMロック」があるんだね。
安くなるのは嬉しいけど、ほかの会社で使えないのは不便だね・・・

SIMロックの解除

利用者からすると「SIMロック」は大きなデメリットになります。
ユーザーから不満の声が多くあがった結果「総務省」は、
「SIMロックは利用者の利便性を妨げるもの」という見解を示しました。

そのため、2015年以降に販売された端末は「SIMロック」が解除できるようになりました。
また契約を解除した後や、中古端末に関しても同様に解除ができるようになっています。

ゆきたか

最近では、最初から「SIMフリー端末」を販売したり
購入時に自動で「SIMロック」を解除する会社も出てきています。
今は幅広い選択肢がありますが、どうせ選ぶなら「SIMフリー端末」が良いでしょう。

SIMフリーとは

「SIMフリー端末」とは「SIMロック」の掛かっていない端末をさします。
基本的にはどんな「SIM」にも対応している「端末」になります。

SIMロック解除とSIMフリーの違い

「SIMロック」されていない「端末」という意味では同じです。
ですが、厳密にいうと違いがあります

「SIMフリー端末」は最初から色々な「SIM」が使えるように設定されています。
それに対して「SIMロック解除端末」販売した携帯会社で使えるよう設定されています。
具体的に何が違うかと言うと「周波数帯(バンド)」に違いがあります。

周波数帯(バンド)とは

「バンド」とはスマホで利用する電波の「周波数」「範囲」になります。
「2GHz帯(バンド1)」「1.7GHz帯(バンド3)」「900MHz帯(バンド8)」
といった具合に区分されます。
電波の通り道で、道路のようなものだとイメージしてもらえればいいと思います。

ゆきたか

「バンド」「総務省」から各携帯会社に振り分けられるものなんだよ。
それで携帯会社ごとに利用できる「バンド」が違うんだ。

だから携帯会社は自社の「バンド」に対応した
「端末」を作ってるんだね!

ちょこ
ゆきたか

そうそう。携帯会社は自社「バンド」に対応した「端末」を作ればいいから、ほかの会社の「バンド」には対応していないことがあるんだよ。
だから「SIMロック解除端末」でも使えない「SIM」があるんだ。

なるほど、ようやく少しだけわかったよ!!

ちょこ

AndroidとiPhoneの違い

実は「Android」「iPhone」でも「SIMロック」を解除したときに大きな違いがあります。
「iPhone」は携帯会社が違っても「対応バンド」がすべて一緒になります。
これは製造元の「apple」によるもので
だから「SIMロック解除端末」はどの携帯会社でも使えるんだ。

それに対して「Android」は携帯会社ごとに「対応バンド」が違うから確認が面倒なんだ・・・。
その点では「iPhone」のほうが優秀と言えるね。

ゆきたか

うん、そうだね。
「iPhone」高いけど品質がしっかりしているよね。
Android」安いのもあれば高いものもあって、バラエティに富んでいるよね。
どちらにも良い点はあるので、自分にあった方を選ぶが一番かな。

まとめ

かんたんまとめ

  • SIMロックとは携帯会社がほかの会社で使えないようにする制限のこと
  • SIMロックは解除できる
  • SIMロック解除端末とSIMフリー端末の主な違いはバンド
  • 選ぶならSIMフリー端末
  • iPhoneならSIMロック解除後はどんなSIMも使える

ちょこ

ふー・・・なんか難しい説明ばかりで疲れちゃった・・・
とにかく買うなら「SIMフリー端末」なんだね。

「SIMフリー端末」だからなんでも使えるというわけでないんだよね。
「端末」が「バンド」に対応しているかっていうのが一番重要なところなんだ。
でも、最近の「SIMフリー端末」であれば色々な「バンド」に対応していることが多いと思うよ。

ゆきたか
ちょこ

『ちょこ』はよくわかんないから、全部『ゆきたか』にやってもらうね
それで全部かいけつ!!

(今までの説明は一体なんだったんだろう・・・)
でも家族や友達とか「わかる人」に聞いちゃうのも一つの手だよね
アプローチの方法は色々あるから、一番理解しやすい方法を探すといいかもね!
「格安SIM」が気になっている方は、以下の記事を見てみるといいかもしれません。

ゆきたか
格安SIMとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

「格安SIM」について、メリット・デメリットを説明していきます。あまり聞きなれない言葉なども出てくるとは思いますが、利用するうえでは覚える必要もないので、気軽にどんなものか見て行ってください。 格安S ...

続きを見る

-スマホの基礎知識